本文へジャンプ

志賀町

文字を拡大する文字を標準に戻す文字を縮小する
現在位置:HOMEの中の健康・福祉・医療の中の医療からRSウイルス感染症の患者が増加しています

RSウイルス感染症の患者が増加しています

 

1.RSウイルス感染症の患者の増加について

 RSウイルス感染症は、例年、冬期に流行します。しかし、今年は8月頃より増加し始めま
した。また、第35週(平成29年8月28日~9月3日)の定点あたり報告数は、平成15年11月
に報告が開始されて以降、最も多い報告数です。


2.RSウイルスについて

 RSウイルスによる呼吸器感染症です。何度も感染と発病を繰り返しますが、生後1歳まで
に半数以上が、2歳までにほぼ100%の児が感染するとされています。

 RSウイルスに感染している人の咳やくしゃみを吸い込むことによって起こる飛沫感染また
は手指を介した接触感染により感染します。

 通常、4~6日の潜伏期間の後、発熱、鼻水などの症状が数日続きます。多くは軽症ですみ
ますが、場合によっては重い肺炎になることもあります。生後3か月以内の乳児、早産児、
2歳以下で心臓、肺に基礎疾患がある、神経・筋疾患がある、免疫不全のお子さんは、重症
化するリスクが高いので、特に注意が必要です。

RSウイルス感染症の予防方法

・外出後は手洗いうがいをしましょう。
・かぜのような症状がある方は、マスクを着用しましょう。
・人が集まる場所などへの外出はなるべく控えましょう。
・重症化を防ぐため、乳幼児に症状が現れた場合は早めに医療機関を受診しましょう。


関連リンク

石川県の感染対策について

お問い合わせ

部署: 保健福祉センター
住所: 〒925-0141 石川県羽咋郡志賀町高浜町カの1番地1
電話番号: 0767-32-0339
FAX番号: 0767-32-4171

ページの先頭へ戻る