本文へジャンプ

志賀町

文字を拡大する文字を標準に戻す文字を縮小する
現在位置:HOMEの中の健康・福祉・医療の中の助成制度から未熟児養育医療給付制度

未熟児養育医療給付制度

【お知らせ】

・平成28年1月から、お手続きに「個人番号カード」または「個人番号通知カード」及び「本人確認書類(免許証等)」が必要になりました。
・平成29年11月13日より、社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)による情報連携が本格運用されたことに伴い、従来必要だった添付書類が一部省略可能になりました。


未熟児養育医療とは

 出生体重が2,000グラム以下あるいは生活能力、身体の発育が未熟なままで生まれた赤ちゃんで、指定医療機関において医師が、入院治療が必要と認めた場合、申請に基づき、その治療に必要な医療費を町が負担する制度です。



支給対象となる人

1,出生時の体重が2,000グラム以下
2,生活能力が特に薄弱であって、下記(ア)~(オ)のいずれかの症状を示す
 (ア)一般状態
   ・運動不安、けいれんがあるもの
   ・運動が異常に少ないもの
 (イ)体温が摂氏34度以下のもの
 (ウ)呼吸器、循環器系
   ・強度のチアノーゼが持続するもの、チアノーゼ発作を繰り返すもの
   ・呼吸数が毎分50を超えて増加の傾向があるか、または毎分30以下のもの
   ・出血傾向の強いもの
 (エ)消化器系
   ・生後24時間以上排便のないもの
   ・生後48時間以上おう吐が持続しているもの
   ・血性吐物、血性便のあるもの
 (オ)黄だん
    生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄だんのあるもの

手続きの方法

 未熟児の保護者が、未熟児の居住地(志賀町に住民票があり、1歳未満の児)に申請していただくようになりますので、直接市町村(志賀町住民課)へご相談ください。


必要書類

  1. 養育医療給付申請書及び地方税情報に係る同意書(裏面)
     1月1日に志賀町に住民票のない方は、申請者以外の世帯全員分(18歳以上のみ)の本人記入がされた同意書(裏面)が必要です
     前住所地の自治体へ地方税情報を照会するために使用します
     下記ダウンロード画面よりダウンロード後、印刷・記入してお持ちいただくか、窓口にて用紙をお渡しします。
             ※多胎児の場合、同意書は1通で結構です
  2. 養育医療意見書  指定医療機関の医師に記入してもらう
  3. 世帯調書
  4. 健康保険証  扶養義務者と赤ちゃん(出来上がったら)の写し
           ※国民健康保険の場合は世帯全員の保険証写し
  5. 印鑑
  6. 個人番号の確認に係るもの  ※代理の方が窓口へお越しになる場合はお問い合わせください。
  7. 所得税額等の証明書類  1~6月申請・・・前々年の所得状況
                7~12月申請・・・前年の所得状況
          マイナンバー制度による情報連携が本格運用されたことに伴い、省略が可能になりました。
          なお、情報連携の不具合等で提出が必要になる場合がありますのでご了承ください。

医療券について

 申請後、書類の審査を行い、承認後『医療券』を自宅に郵送します。医療機関に提示してください。


支払いについて

○未熟児養育医療で保険対象のもの ・・・志賀町が負担します。
○病院に支払うもの ・・・次のようなものは養育医療の給付対象外となりますので、病院から請求があります。(例)差額ベット代、紙おむつ代、保険のきかない薬、医療用器材 等


関連ファイル


お問い合わせ

部署: 住民課 子育て支援 担当
住所: 〒925-0198 石川県羽咋郡志賀町末吉千古1番地1 本庁舎1階
電話番号: 0767-32-9122
FAX番号: 0767-32-0288

ページの先頭へ戻る