本文へジャンプ

志賀町

文字を拡大する文字を標準に戻す文字を縮小する
現在位置:HOMEの中の暮らしの中の相談・支援からひとり親家庭支援事業

ひとり親家庭支援事業

児童扶養手当

  父母の離婚などの理由により、父または母と生計を別にしている児童(18歳になった年度末まで。ただし、中程度以上の障害を有する児童は20歳未満)を養育している父または母や、父母に代わってその児童を養育している方に支給されます。
 ただし、前年の所得が一定の額以上の場合は、手当額の全部または一部が支給されません。また、公的年金を受給されている場合は、手当額よりも年金額が少ないときに差額が支給されます。




【手当の額(月額)】
 ~平成31年4月から児童扶養手当額が変わります~



 平成30年4月から平成31年4月から
【児童が1人の場合(本体額)】
全部支給42,500円42,910円(+410円)
一部支給10,030円~42,490円10,120円~42,900円(+90円~+410円)
【児童2人目の加算額】
全部支給10,040円10,140円(+100円)
一部支給5,020円~10,030円10,130円~5,070円(+50円~+100円)
【児童3人目以降の加算額(1人につき)】
全部支給6,020円6,080円(+60円)
一部支給3,010円~6,010円3,040円~6,070円(+30円~+60円)


※物価スライドに伴う手当額の変動があります。
 物価スライド制とは、物の価格の上がり下がりを表した「全国消費者物価指数」に合わせて、支給する額を変える仕組みです。平成31年度の児童扶養手当額については、上記のとおり1.0%の引き上げとなります。


【手続きに必要なもの】

◇受給資格者および該当する子どもの戸籍謄本
◇印鑑
◇振込先口座通帳
◇健康保険証
◇印鑑
個人番号の確認に係るもの(※代理の方が窓口へお越しになる場合はお問い合わせください。)
◇その他事由により必要な書類
  他市町村からの転入の場合、前住所地の市町村が発行する所得課税証明書が必要でしたが、
 マイナンバー制度による情報連携が本格運用されたことに伴い、省略が可能になりました。な
 お、情報連携の不具合等で提出が必要になる場合がありますのでご了承ください。


【支給方法】

 原則として、申請の翌月分から4月、8月および12月の各11日にその前月分までの手当が指定口座に振り込まれます。
 ただし、2019年11月支給(8月分から10月分)から、現行の年3回から、年6回(1月、3月、5月、7月、9月、11月)の隔月支払となります。


【関連ファイル】

厚生労働省 児童扶養手当について
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/osirase/100526-1.html



ひとり親家庭等医療費給付

ひとり親家庭の父または母、およびその児童(18歳になった年度末まで。ただし、障害のある児童は20歳未満。)の健康保険の対象となった入通院費および調剤費の負担額が対象となります。父母のいない家庭は児童分のみ対象となります。
ただし、資格の取得には児童扶養手当に準じた所得制限があります。



【お知らせ】

・平成28年1月からお手続きに「個人番号カード」または「個人番号通知カード」及び「本人確認書類(免許証等)」が必要になりました。
・平成29年11月13日より、社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)による情報連携が本格運用されたことに伴い、従来必要だった添付書類が一部省略可能になりました。


【助成額】

保険適用となった医療費の一部負担支払額の1か月の合計から1,000円を差し引いた額。
児童については、保険適用となった医療費の一部負担支払額全額。
治療用の補装具・めがねの購入費の自己負担分について


【資格取得手続きに必要なもの】

◇受給者とその児童の健康保険証
◇振込先口座通帳
◇印鑑
個人番号の確認に係るもの(※代理の方が窓口へお越しになる場合はお問い合わせください。)
◇その他事由により必要な書類
  他市町村からの転入の場合、前住所地の市町村が発行する所得課税証明書が必要でしたが、
 マイナンバー制度による情報連携が本格運用されたことに伴い、省略が可能になりました。
 なお、情報連携の不具合等で提出が必要になる場合がありますのでご了承ください。


【申請手続きに必要なもの】

◇受給資格証
◇医療機関の領収書
◇印鑑

※申請は医療費を支払った日の翌日より1年以内に行ってください。(平成29年4月診療分より)
※平成29年3月診療より以前の診療分につきましては、申請は診察日より1年以内となっておりますので注意してください。
※高額医療や付加給付等の対象となる可能性があるため、領収書は月ごとにまとめたうえで、申請をお願いします。


【給付日】

申請月の翌月の最終金曜日


【関連ファイル】




遺児および心身障害児扶養手当

児童(18歳になった年度末まで)を養育しているひとり親家庭の父若しくは母または養育者、および心身に障害を有する児童を養育している保護者に対して支給されます。


【お知らせ】
平成30年4月1日より、18歳未満の児童を養育しているひとり親(父子家庭)の保護者も支給されることとなりました。該当と思われる方はお問い合せください。



【手当の額(月額)】

◇遺児  児童1人目    月額 3,000円(養育者4,000円)
     児童2人目以降  月額 1,500円(養育者2,000円)

◇障害  障害1・2級、療育手帳A・・・月額 5,000円
     障害3・4級、療育手帳B・・・月額 4,000円

 ⇒ 制度のチラシ

【手続きに必要なもの】

◇受給者資格者および該当する子どもの戸籍謄本
◇住民票謄本
◇振込先口座通帳
◇印鑑


【支給月】

6月、9月、12月、3月
認定の翌月分から支給月の前月分までを指定口座に振り込みます。




ひとり親家庭等児童入学支度金

 ひとり親家庭等の児童が、小学校および中学校に入学する際、ひとり親家庭の父または母もしくは養育者に対して支度金を支給します。
 対象者には年度初めに申請書を送付しますので、ご記入のうえ役場まで提出してください。


【支給金額】

◇小・中学校  30,000円


お問い合わせ

部署: 住民課 子育て支援 担当
住所: 〒925-0198 石川県羽咋郡志賀町末吉千古1番地1 本庁舎1階
電話番号: 0767-32-9122
FAX番号: 0767-32-0288

ページの先頭へ戻る