本文へジャンプ

志賀町

文字を拡大する文字を標準に戻す文字を縮小する
現在位置:HOMEの中の健康・福祉・医療の中の妊娠・出産から不妊治療費助成事業

不妊治療費助成事業

 不妊治療を行っているご夫婦の経済的負担の軽減をはかるため、不妊治療費助成事業を行っています。



助成対象


 不妊症に関する治療費を支払った場合で、初回の助成に係る治療期間の初日における妻の年齢が45歳未満であること。申請日の1年以上前から志賀町に住所を有し不妊症に関する治療費を支払った夫婦で、夫婦の前年度所得の合算が730万円未満である場合に助成されます。
 
 ◇「不妊症」とは医療機関において診断を受けた場合をいいます。
 ◇「治療費」とは不妊治療に関する検査費および治療費をいいます。



治療種類等


区分特定不妊治療一般不妊治療
治療種類体外受精・顕微受精
男性不妊治療
タイミング療法、薬物療法、手術療法:連続2年間 
対象者治療期間初日の妻の年齢が45歳未満治療期間初日の妻の年齢が45歳未満
注意事項石川県特定不妊治療費助成交付申請を県保健福祉センターに先に申請してください。その後、志賀町に相談ください。志賀町に1年以上住所を有していないが、県内に1年以上住所を有している場合は、支給要件が異なりますのでご相談ください。


助成内容


◇特定不妊治療は、対象治療費から石川県の助成金を除いた額の7割に相当する額を助成します。
石川県の規定の助成回数を超えた場合も町に申請できます。
◇一般不妊治療は、対象治療費の2分の1以内の額で当該年度につき7万円を限度に助成します。
◇特定と一般と合わせた助成額は、当該年度につき70万円を限度とします。




手続きの方法


※平成30年4月から、手続きに 個人番号カード または 個人番号通知カード及び本人確認書類(運転免許証等)が必要になります。

【申請期間】
 *一般不妊治療については、治療を受けた日の属する月の翌月の初日から起算して2年以内。
 *特定不妊治療については、対象治療が終了した日の属する年度内(4月1日から翌年3月31日まで)。
  年度内に提出できない場合は、事前(年度内)にご連絡ください。

【申請書類】 
不妊治療費助成金交付申請書 (記入例はコチラ
不妊治療費助成金申請に係る同意書
◇申請者名義の通帳・夫婦の保険証のコピー
 (以下の①~③は町において確認できる場合は提出不要。)
 ①所得証明書
 ②法律上の婚姻関係にあることを証明できる書類
 ③住所を確認することをできる書類

 【特定不妊治療を受けた方】
 上記に加えて
 ◇特定不妊治療の受診等証明書の写し
 ◇石川県不妊治療費助成承認決定通知書の写し
 ◇領収書・明細書

 【一般不妊治療を受けた方】
 上記に加えて
 ◇一般不妊治療医療機関受診等証明書
 ◇領収書

【よくある質問】Q&A





関連ファイル

お問い合わせ

部署: 住民課 子育て支援 担当
住所: 〒925-0198 石川県羽咋郡志賀町末吉千古1番地1 本庁舎1階
電話番号: 0767-32-9122
FAX番号: 0767-32-0288

ページの先頭へ戻る