本文へジャンプ

志賀町

文字を拡大する文字を標準に戻す文字を縮小する
現在位置:HOMEの中のフォトギャラリーの中の祭り・イベントから西能登里浜イルミネーション ときめき桜貝廊

西能登里浜イルミネーション ときめき桜貝廊

  

ときめき桜貝廊

増穂浦海岸にある「世界一長いベンチ」に沿って並べられたLED照明



夕暮れから「万の灯り」の時間へ

石川県能登半島の「西能登」と呼ばれる志賀町の増穂浦海岸にある世界一長いベンチは、
ゆったりとした時間を過ごすことができる、全国屈指の夕日スポットです。
日が暮れると、オリジナルのLED照明「ペットボタル」の灯りが
揺らめく幻想的な世界観へと誘います。
日本小貝三名所の一つである増穂浦海岸に、冬期打ち寄せられる『さくら貝』は、
「幸せを呼ぶ貝」として地域で親しまれており、
「ペットボタル」は、さくら貝ピンクと里浜ブルーに輝き出します。

ライトアップ期間:平成29年10月7日(土曜日)~平成30年2月28日(水曜日)
※日没から約4時間点灯
場所:道の駅とぎ海街道・世界一長いベンチ周辺


上空からみたイルミネーション

上空からみたイルミネーション
ペットボタルは、30分ごとにピンクとブルーに色が切り替わる

 とぎ海街道前のイルミネーション

道の駅とぎ海街道前のイルミネーション

 






ペットボタルを設置する中学生

道の駅とぎ海街道の出入口付近に
ペットボタルを設置する中学生


町内小中学生が作成したペットボタル

町内小中学生が作成したものには
イラストやメッセージもかかれている

 
大勢のボランティアがペットボタルを設置した

大勢のボランティアが参加して
ベンチ周辺にペットボタルを設置した

     




ページの先頭へ戻る