本文へジャンプ

志賀町

文字を拡大する文字を標準に戻す文字を縮小する
現在位置:HOMEの中の暮らし・住まいの中の税金の中の住民税から給与所得等からの特別徴収制度について

給与所得等からの特別徴収制度について

 特別徴収とは、所得税における源泉徴収と同様に、給与及び退職手当等の支払者(会社、事業所等の受給者の勤務先)が受給者に係る町民税及び県民税を徴収し、納税義務者である受給者に代わって徴収した税額を納入する制度です。
 地方税法第321条の4の規定により、原則、所得税の源泉徴収義務がある給与支払者(事業主)は特別徴収義務者として、パート・アルバイト、役員等を含むすべての従業員等の個人住民税を特別徴収していただくことが義務付けられています。(事業主や従業員等の意思による徴収方法の選択はできません。)


特別徴収税額の通知及び給与からの徴収について

 給与支払者(特別徴収義務者)は、「給与所得等に係る町民税・県民税 特別徴収税額の決定・変更通知書」に基づき、毎月の給与の支払いの際に受給者(納税義務者)に係る町民税・県民税を徴収して納入します。

1)特別徴収税額の通知について
 町民税・県民税を特別徴収の方法によって徴収する場合は給与支払者を特別徴収義務者として指定し、特別徴収の方法により町民税・県民税を徴収する旨を給与支払者(特別徴収義務者)及び受給者(納税義務者)に通知しなければならないとされています。(例年5月中旬を予定)
2)通知書の受給者(納税義務者)への配付について
 年税額及び毎月徴収する納付額等は給与支払者(特別徴収義務者)を通じて受給者(納税義務者)へ通知することとなっています。
 「特別徴収税額の決定通知書(納税義務者用)」につきましては速やかに各受給者(納税義務者)に配付してください。(例年5月中旬を予定)
3)納付額の徴収について
 「特別徴収税額の決定通知書(特別徴収義務者用)」の納付額欄にそれぞれの受給者(納税義務者)に係る各月の納付額が記載されていますので、各月の給与の支払いの際に当該月の納付額を徴収してください。
4)特別徴収税額の変更について
 特別徴収税額を通知した後に税額に変更が生じた場合には「給与所得等に係る特別徴収税額の変更通知書」を給与支払者(特別徴収義務者)へ送付しますので、各受給者に変更通知書(納税義務者用)を配付していただくとともに、変更通知書に記載された変更後の納付額に基づき納付額を徴収してください。


退職・転勤された場合 (「給与支払報告 特別徴収 に係る給与所得者異動届出書」の提出)

1 徴収及び納入義務の消滅について

 給与支払者(特別徴収義務者)は受給者(納税義務者)が退職、転勤、休職、死亡等により給与の支払いを受けなくなった場合においては、当該受給者(納税義務者)に係る特別徴収義務を負わなくなります。
 このような場合には給与支払者(特別徴収義務者)から「給与支払報告 特別徴収 に係る給与所得者異動届出書」を関係市町村へ提出していただくことにより、給与の支払いを受けなくなった受給者(納税義務者)について当該給与支払者による特別徴収ができなくなった旨を届け出ていただくことになります。

2 「給与支払報告 特別徴収 に係る給与所得者異動届出書」の提出について

 以下の場合には「給与支払報告 特別徴収 に係る給与所得者異動届出書」を提出してください。
 ・特別徴収対象者が退職・休職・死亡した場合など給与の支払いを受けなくなった場合
 ・転勤により給与支払者が替わった場合

 給与の支払いを受けなくなった日の属する月の翌月の10日までに,志賀町税務課へ提出してください。

3 未徴収税額の取扱いについて

 「給与支払報告 特別徴収 に係る給与所得者異動届出書」の作成に当たっては、給与の支払いを受けなくなった受給者(納税義務者)に係る特別徴収税額のうちの未徴収税額について、次のどの方法により納税するかを受給者(納税義務者)に確認したうえで作成してください。

【1】新たな勤務先で特別徴収を継続する場合
 受給者(納税義務者)が転勤先又は退職後の新たな勤務先において、引き続き特別徴収の継続を希望する場合は、必ず事前に新たな勤務先の経理担当者に連絡したうえで「給与支払報告 特別徴収 に係る給与所得者異動届出書」に新たな給与支払者(特別徴収義務者)の所在地(住所)、名称(氏名)及び連絡先を記入して提出してください。

【2】未徴収税額を一括徴収する場合
 新たな勤務先で特別徴収を継続する場合を除き、次の区分により未徴収税額を一括徴収していただくことがあります。
≪退職の時期が 6月1日から12月31日まで≫
 受給者(納税義務者)の希望により、未徴収税額を最後の給与又は退職手当等から一括して徴収することができます。
≪退職の時期が1月1日から4月30日まで≫
 最後の給与又は退職手当等の合計額が未徴収税額に満たない場合を除き、受給者(納税義務者)の意思にかかわらず未徴収税額を一括して徴収しなければなりません。

【3】未徴収税額を納税義務者が直接納付する場合
 後日、受給者(納税義務者)宛てに送付する納付書により、受給者(納税義務者)本人が直接未徴収税額を納めていただくことになります。(これを「普通徴収」と言います。)



就職された場合(「特別徴収への切替届出書」の提出)

 以下の場合には「特別徴収への切替届出書」を提出してください。
 ・就職等に伴い新規に特別徴収対象となる方がいる場合
 ・普通徴収から特別徴収に切り替える場合


給与支払者(特別徴収義務者)の名称や所在地等が変更された場合

 「特別徴収義務者の名称・所在地等変更届出書」を提出してください。


関連ファイル

お問い合わせ

部署: 税務課 住民税担当
住所: 〒925-0198 石川県羽咋郡志賀町末吉千古1番地1 本庁舎1階
電話番号: 0767-32-9142
FAX番号: 0767-32-0288

ページの先頭へ戻る